fbpx

Ulysses Wordpress オウンドメディア ブログビジネス

UlyssesでWordPress接続拒否になった時の5つ対処法

2021年3月31日

こんにちは、井村尚弥です。

この記事では、ブログアップロードをUlysses(ユリシース)で行っていたところ、突然「接続拒否」という怖い状態になってそこから解決するまで丸一日かかった履歴を残すものです。もしあなたも「接続拒否」になってしまった場合は参考にしてください。

UntitledImage

この記事をお読みいただく方

  • Ulyssesで接続拒否に遭われた方
  • Ulyssesをブログ更新ツールに採用しようか迷っている方

本記事の信頼性

>>井村尚弥のプロフィール

結論から言いますと、ブログ更新ツールは今回の事象でどの対処法も有効にはならず、「MarsEdit」にツールを変更することになりました。

経緯については続きをご覧くださいませ。

なので画像などをたくさん使ってブログ更新を頻繁に行う方は、Ulyssesだけだときついかもしれません。MarsEditと併用するのが良いかと思います。

インターネットで解決済みとなっている対処法

UntitledImage

私も最初に現象が発生した時すぐにネットで解決方法を調べました。

”Ulysses 接続拒否”

という検索ワードで調べたところ多くの事例で見かけたのが次の方法でした。

対処法1:サーバーのXML-RPC API アクセス制限をオフにする

UntitledImage

サーバーのWordpressセキュリティ設定を解放せよ、というものです。私が使っているサーバーはエックスサーバーです。

サーバー管理>Wordpressセキュリティ設定から、「XML-RPC API アクセス制限」をオフにする 対処法です。

おー、多くの人がこれで解決した!という話が出ているので、私もこれで解決するものと考えて、設定変更してUlyssesで再度投稿ボタンを押してみました。。。

XML-RPC APIでクリアにならない

UntitledImage

結局同じエラーが出続けることになったため、白旗をあげてエラーメッセージがでたポップアップにある「サポートに問い合わせる」ボタンから連絡をしてみました。

最初のメールは以下の内容で送りました。

お世話になります。

昨日まで問題なくWordpressにアップロードできていましたが、今日突然エラーが発生しアップロード不可になりました。

特に昨日から今日にかけて環境を変更したことはないのですが、エックスサーバー等のセキュリティ設定もオフにしましたが改善しません。
原因究明をお願いいたします。

サインインの間に“https://infobiz-affi8.jp/”のサーバから互換性の問題が報告されました。

Ulysses for Mac、バージョン 22 (ビルド 65099)
macOS、バージョン11.2.3(ビルド20D91)

すると、数十分後にサポートから連絡があり、対処法は2つあると言われました。

UntitledImage

対処法2:Ulyssesからの回答1:サーバー会社に調査を依頼する

一つ目の対処法は、サーバー会社になぜxmlrpc.phpファイルが接続拒否を受けるのか調査をすることです。確かにおっしゃる通りで、エックスサーバーに調査依頼するしかないかな、、、と思っていました。

自分も過去に何度かブログがおかしくなった時エックスサーバーのサポートに連絡して現象を調査してもらったことがありましたから、彼らを信頼して調査する方法も必要かなと考えていました。

しかし、もう一つの対処法を示してくれてもいました。それは、、、

対処法3Ulyssesからの回答2:xmlrpc.phpをリネームする

”Another option would be to check if you can use the plugin “Rename XMLRPC” to work around these kinds of problems. The plugin allows you to rename your endpoint so it won’t be filtered by your provider.”

訳すと、「もう1つのオプションは、プラグイン「Rename XMLRPC」を使用して、この種の問題を回避できるかどうかを確認することです。 プラグインを使用すると、エンドポイントの名前を変更して、プロバイダーによってフィルタリングされないようにすることができます。」ということでした。

つまり、

  1. Rename XMLRPCというプラグインを使って
  2. エンドポイントの名前を変更して
  3. プロバイダーにフィルタリングされないようにする

ということです。

やり方を調べてみましたが、日本語では解説している記事はなく、全て英語で解説されていました。本当はこの時点で少し面倒くさくなってきていたんですが、もう一踏ん張りして、英語の説明を読んでいきました。つまり、こういうことです。

  1. Rename XMLRPCのプラグインを有効化するUntitledImage
  2. エックスサーバーのファイル管理から、public_htmlの直下にあるxmlrpc.phpというファイルをコピーして、xmlrpc2.phpなどの名前に変更して保存する。UntitledImage
  3. WordPressのプラグインエディターからRename XMLRPCを選択して、ファイル名をコピーしたものに書き換える。UntitledImage
  4. Ulyssesの接続先アドレスを変更するUntitledImage

実際にこの設定方法でxmlrpc.phpの名前とツールの宛先を変更したことでUlyssesとWordpressは無事繋がりました。しかし、その後も別次元の障害が続きました、、、w

記事アップロード時に同じ現象が再現した

次に出たのは以下のメッセージです。

UntitledImage

前回までは「接続拒否」ということでソフト的なエラーと認識できたのですが、今回は

「このサイトに重大なエラーが発生しました」

とかなりやばそうなエラーメッセージが出現したわけです。

自分でエラーログを解析する

この現象が出たのは夜も遅かったので疲れてしまって寝ながら考えた結果、

「サーバーのエラーログを見てみればいいじゃん!」

という天の声が降りてきました😀

注意深く見たところ、現象は2つに絞られました。

phpの容量エラー

UntitledImage

一つはphpのアップロード容量が制限オーバーというメッセージです。このメッセージを見て早速エックスサーバーのphp.ini設定を変更しました。これで一つエラーを解除して次です。

プラグインwp-slimstatのエラー

UntitledImage

エラーメッセージをよく見ると、アクセス管理に気に入って使っているSlimstat Analyticsがエラーを出しているわけです。ですが、設定内容見ても容量制限を解除する表示もなく最終的に「プラグインを無効化」して一旦テストすることにしました。

別の新しいエラーが発生、、、

しかし、サーバーのエラーメッセージを解除したにもかかわらず、、、最初のエラーが再表示されたんですよね。これは本格的にエックスサーバー側の問題だ!と感じたので今までの状況をまとめてエックスサーバーに報告して対処法ほうをもらおうとしていました。

質問をしてから1営業日が経ち各社から回答が来るものと思って待っていると。。。

Ulyssesからの回答

いまだに回答ありません、、、質問の意味がわからなかったのか、そもそもUlyssesではこの現象は解消しないのか、、、

エックスサーバーからの回答

一方でエックスサーバーからの回答は非常に冷ややかなものでした。。。個別ツールのトラブルシューティングについては調査できません的な回答です。

同じ現象に苦労していた方がいた!

彼らからの回答を待っている間も、スマホでUlyssesの対処法を調べていたんですね。

そしたらついに私と同じ現象にぶち当たって解決していた人がいました!

カキコさんという方で、このかたもUlyssesを使っていてトラブルになり、最終的にMarsEditに切り替えた方です。これを読んでいて「切り替えた理由」がまさに今回の私の症状と全く一緒だったんです。

悟りました、、、w

Ulyssesには限界がある。MarsEditに変更しよう、と。

原因はブログ記事のアップロード容量がデカすぎてサーバーにブロックされていたということ

結論としては、カキコさんが過去に経験した「Ulyssesが敵とみなされる」症状が私にも起こっていたということです。Ulyssesは非常に使いやすくていいのですが、ブログにアップロードするときはテキストだけでなく、画像や動画も全て一気にアップロードをかけます。1記事で200MBとか余裕で超えることもあります。今回は250MBくらいありました。(もっと画像とか減らせよ、ということかもしれませんが、、、)

その大容量アップロードがサーバーのセキュリティ検知に引っかかり、全く記事をアップロードできなくなった、というわけでした。

しかし、今の時代文字だけのブログというのもありえないので、容量制限にかかるのであればブログエディターはこの際MarsEditに変更してしまおうということになりました。ただ、それぞれクセのあるエディターなので、ライティングはやはりUlyssesの方が使いやすく感じます。その辺、今後どう折り合いつけるかは、また機会を見て書いていきます!

まとめるとUlyssesで接続拒否が急に起こった時の対処法は以下の通りです。

  • WordPressのセキュリティ設定をオフにする
  • Rename XMLRPCを使ってみる
  • php.ini設定を変更してみる
  • 画像を減らして再アップロードを試してみる
  • ブログエディターを別のものに変えてみる

ただ、最初に試して欲しいのは、挿入した画像を全て削除してアップロードしてみることです。それで解消するのであれば、Wordpressセキュリティ設定やXMLRPCのリネーム、php.iniの変更も不要です、、、

参考にしてみてください!ではでは!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

井村尚弥

ネットを使って稼ぐのが大好きな副業フリーランサーです。現在はブログ、コンテンツビジネス、アフィリエイト、メルマガなどマーケッターとして活動しています。 個人が自分の経験、特技を活かしてネットで稼ぐ方法をシンプルにして実行しやすく教えています。 コンテンツビジネスの始め方>>

-Ulysses, Wordpress, オウンドメディア, ブログビジネス

© 2021 ユープレナー式起業術ブログ