基礎知識編 戦略・思考

【読者さん質問】アドセンス審査、メンタルなどのお悩みに回答しました

投稿日:2019年3月30日 更新日:

こんにちは、井村です。

今日はメルマガ読者さんから質問をいただいたので
こちらでもシェアしていきますね。

特にアドセンス初心者の方は参考になりますよ!

ちなみに今回の質問は前回ご紹介した西島さんの
ネットラジオを聞いた上でメルマガ登録した方からの
感想になります。

まだネットラジオを聞いてないよ〜って方は
こちらから聞いてみてください。
結構ノウハウモロ出しですから。

【必聴アドセンス講座】セミナー級と評価いただいたネットラジオ

では、質問と回答を合わせてご覧ください。

 

メルマガ読者さんの悩みと回答

〇〇さん、こんにちは。

問い合わせいただきありがとうございます。

>井村さんのブログの書き方についての解説も文章がとてもわかり安く、すんなりと頭の中に入ってきて、今まで、記事を書かなくちゃという意思はあったものの、お題は?何から書けばよいのか?と悶々としてなかなか進めませんでした。でも井村さんのメルマガを読むようになり、毎日のメルマガがとても楽しみになりました。絶対実行しようという気持ちに変わってきています。
>前置きが長くなりすみません。あまりにも感動してしまったので書かずにはいられませんでした。

とても役に立っているようで嬉しいです!
ぜひ実践していってほしいですね!!

(萩原健一さんの訃報ネタを書けず)
>ほんとに情けないと思っております。

ここは全然気にしなくてもいいですよ。
タイミングがありますから。

>テレビの上の方に出る速報で知ったのですが、
>これが出てから記事を書くのは何時間以内というのはありますか?

基本的には1時間以内です。

1時間以上経ったネタでも狙えるキーワードに
ライバルがいなければ書いてもいいですが、
速報は早い者勝ちになってしまうので、
1時間以上経過したネタは忘れるのがいいです。

次のネタを狙いましょう。

>また、死亡記事について、記事のタイトルは、
>「○○さん死亡」と書いてしまうと
>なんだか不謹慎のような気がします。
>是非今度は記事のタイトルの付け方などご教示いただけると助かります。

誰かが亡くなった時に
タイトルに「死亡」と入れることはありません。

だって、既に死んだことは
報道されてますから「〇〇 死亡」
と検索しないからです。

死因とか、後任とか、家族関係のキーワードを攻めるのが基本です。

ただ、家族関係を書くにも「家族を調査!」
って書かれるとあまり良い気分にならないので、
「家族について!」と言うように言葉を変えることも必要ですね。

読まれた本人・ご家族の気持ちにも配慮しましょう。

>アドセンスについてですが、
>アドセンスの審査用の記事がなかなか書けず
>途中で止まっています。
>それでアドセンスはまだないのですが、
>楽天のウイジッドなどを貼ってもアクセスは集まるのでしょうか。
>アドセンスはあきらめずに取り組んだ方が良いのでしょうか。
>アドバイスいただけるとありがたいです。
>宜しくお願い致します。

まず、アドセンスアカウント取得はしておいたほうがいいですね。

楽天で稼げなくもありませんが、
あくまで関連商品がある場合だけしか、
読者もバナーをクリックしないでしょうから、
それほど大きな売り上げを上げるのは難しいでしょう。

逆にアドセンスはGoogleが常に読者のニーズを把握して
興味あるバナーを中心に提示されることが多いので
クリックされる確率は常に一定になりやすいです。

なので、
諦めずにアドセンスアカウントの取得は
引き続き頑張ってみてくださいね!

重要なことなので再度解説していきます。

 

アドセンスアカウントを諦めて別に行くべきか

すごく基本的なことなんですが、
アドセンスアカウントを取得すること自体は
それほど難しくはありません。

Twitterを眺めていると”アカウント取得しました!”
と言うツイートが山ほど出てきます。

何度も繰り返し改善して行けば、
いつかは通過できます。

ブログにも53歳の方が
アドセンスを通過させた記事を載せています。

【Googleアドセンス審査合格できない人必見】53歳でも突破したやり方・事例

つい1年くらい前まではトレンド記事でも
アドセンス通過できたんですが、最近は
Googleも審査基準を厳格化しているようです。

しかし、対策は明確にありますから
粛々とそれらを実践するだけです。

これってどのビジネスでも一緒ですよ。

転売だって運営側にアカウント停止する権限がある以上
いきなり売上金を取り上げられる可能性があります。

基本的に逃げて稼げる事はありません。

アドセンスで稼ぐと決めたのであれば
審査を通すためにやり抜くだけなんです。

そんな軽い気持ちではいつかビジネスの壁に
跳ね返される可能性も高いですから
常に今ある壁を越えることだけを考えましょう。

 

いちいち感情を動かさない

萩原健一さん、通称ショーケンさんが亡くなりましたね。
質問者の方は夜中に見たそのニュースに対して
記事を書けなかった自分に対して

>ほんとに情けないと思っております。

と思ったらしいんですが、
いちいち気にしていたらビジネスできないですよ。

日本社会だと謝って低姿勢でいれば
許されるような文化がありますが
ビジネスでは全然関係ありませんからね。

ビジネスは”やる”か”やらないか”だけです。

やれなかったら、やれる方法を考えましょう。

ショーケンのニュースが気になるなら
記事を書けばいいだけです。

眠気の方が襲うならさっさと寝て
早朝に起きて別のネタを狙いましょう。

その判断をするだけなんです。

私も昔は「自分はダメな人間だ」みたいに
責める癖があったんですが、今は皆無です。

自分を責めても鬱になるだけです。
行動も止まります。
ビジネスなんてやるところの話ではないわけです。

本当に意味ないですから
自分を責める癖がある人はやめてくださいね。

一つ対策をアドバイスするとすれば
ビジネス音声を聞くことです。

以前ご紹介したこちらのオーディオブック。

借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ

この著者の方も相当ひどい人生でしたが
逆転させているんですよね。

最悪な人生を逆転させる口癖を面白おかしく聞くことができます。

これをスマホに入れて、
イヤホンを耳に突っ込んでずーっと聴きまくってください。

ちなみに私は100回は聞いています。

少なくとも”自分を責める声”は聞こえなくなります。

あなたが30歳か40歳か50歳かわかりませんが
かなり長い人生で自分を責める癖がついてますから
そうは簡単に直すことが難しいです。

だったら、強制的に聞こえないようにしましょう。

私は↑のオーディオブックを寝るときにも聞いています。
と言っても睡眠学習ですがw

 

ニュースのキーワードは使うな!

最後に初心者が間違えるキーワードについて。

この質問者の方は、

>「〇〇 死亡」と言うタイトルは不謹慎なのではないか?

と言う質問だったのですが、
そもそも訃報ネタで記事を書くのに、
「死亡」なんて絶対に使いません。

だって、それって事実ですから。
事実に対して検索する人はいませんよね。

西島さんの対談でも話していますが検索する人は
ニュースに出ていないことを検索するんですよ。

  • ニュースで書かれている事は何?
  • ニュースで書かれていない事は何?

この2つを意識してニュースを読むんです。

そして”書かれていない事”をタイトルにして
記事を書けば、あなたと同じように調べる人が
大勢いると言う事です。

しかも、どんなキーワードが検索されるかは
ユーザーを意識する事です。

西島さんの対談では
”世の中のおばちゃん”を意識すると言っています。

自分の嫁さん、母親、親戚のおばさん

彼らが何を考えて毎日ワイドショーを見ているのか
考えてみる事です。

基本的に難しい事は考えていませんよ。
すごくシンプルなことが気になるだけです。

その代表例が”連想キーワード”と言うわけです。

連想キーワードって何?という方は
こちらのページからコンテンツを受け取ってください。

>>連想キーワードを全部プレゼント<<

 

さいごに

メルマガやブログで質問をもらうと嬉しくて
かなり突っ込んだ解説をしたくなるものですw

なんだかんだと一つのコンテンツとして
成立しそうな文字数になってしまいました汗

もしあなたもネットビジネスに悩んでいるんであれば
気軽に質問してみてくださいね。

お待ちしております。

では、本日は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました!

Copyright© 最速ネット資産構築のススメ , 2019 All Rights Reserved.