基礎知識編 アドセンス

未来予測系と速報系記事のキーワード選定は全く違う

投稿日:

こんにちは、井村です。

トレンドブログを書く上で一番大事なのは
タイトル作成でして、さらに言えば
どんなキーワードを使うかによります。

このキーワードが全くダメな場合は
全然アクセスが来ませんし
あなたの記事を書く労力は無駄になっています。

正確には記事数が増えることにより
若干はブログパワーは上がりますが
非常に見えにくい部分なので
だんだんとメンタルが落ちてきます。

きちんとキーワード選定ができていると
アクセスがしっかりきますし
収益が発生し始めます。

最初は小さいところからですが
月の利益が1万円を超えると
かなりテンションが上がってくると思います。

私も月3000円の時は労力に対して
効率悪くね?って思ってましたが
2万円を超えてくると虜になってましたw

というのも、

キーワードの使い方とアクセスの連動が
自分でコントロールできると
自分でお金を稼ぐことができる
確信に変わってくるからです。

この記事ではあなたが最初につまずくだろう
キーワード選定について
詳しく書いていこうと思う。

ぜひ参考にしてアドセンスで稼ぐ実力を
身につけて欲しいです。

 

関連キーワードと連想キーワードの使い分け

まず最初にキーワードの種類について
しっかり理解しておく必要があります。

覚えておくべきは

  • 関連キーワード
  • 連想キーワード

の2つだ。

この2つさえ覚えていれば大丈夫だ。

では、それぞれのキーワードについて説明する。

 

関連キーワードとは既に検索されているキーワード

関連キーワードは検索エンジンで
検索した時に出てくるキーワードのこと。

「深田恭子」

をメインキーワードとした時に
Yahoo!で検索するとこんなキーワードが出てくる。

 

これが日本中で深田恭子さんが検索される時に
使われる二語目のキーワード=複合キーワードと呼ばれるものだ。

あと検索窓に
「深田恭子+スペース」を入れて出てくる
キーワードも関連キーワードだ。

 

ほぼ検索結果と同じだが、こっそり1、2個
使えるキーワードがある場合もあるから要チェックだ。

さて、次に
このキーワードが使えるかどうかは
ライバルチェックをしなくてはならない。

例えば、
「深田恭子 彼氏」と調べた時に
ニュース記事とトレンド記事(ライバル)が
どれくらいいるかを見て判断する必要がある。

この時にまず

Yahoo検索で調べると
対象のキーワードが太字になり
そのキーワードが使われてるかどうかが
一目瞭然となるので非常にわかりやすい。

その上で改めてライバルチェックなのだが
一つの目安として

1ページ目にはてなブログや楽天ソーシャルニュース
無料ブログの記事があれば、

あなたの記事も1ページ目に入る可能性があるということだ。

  • はてなブログ
  • 楽天ソーシャルニュース
  • ソネットブログ
  • シーサーブログ

このあたりがよく出てくる。

ただ、最近は無料ブログで
アドセンスができなくなった関係上
無料ブログのライバルは減っているので
はてなと楽天だけ見ればいいと思う。

あまり頭を使いたくなければ
1ページ目にはてなブログや
楽天ソーシャルニュースがなければ
ライバルは強いかも、と思って
そのキーワードは捨てる。

ただ、
ライバルが全くいないケースもあるから
少しは慎重に同じキーワードが使われてる
記事がないか調べるようにしよう。

このように関連キーワードを見つけるとは
検索エンジンで既に検索されているキーワードで
まだライバルが少ないものを見つける作業だ。

では、関連キーワードはどこで見つけるべきか?

 

どこでキーワードを拾うのか?

まずは先ほど出てきたYahoo検索。
次にGoogle検索。最後にBing検索だ。

Yahoo!検索も既にGoogleの検索エンジンを
使っていると言われているが
実際に関連キーワードが違う場合が多いので
Yahoo!とGoogleは両方見るべきだ。

Bing検索はどうしても両方で検索キーワードが
見つからない時に使う程度で良い。

では、関連キーワードはどんな時に使うのか?

 

関連キーワードの使いどころ

ほぼ未来予測系記事の中で使う。

未来予測系記事とは、
1週間以内に放送されるテレビ番組に
出演するタレントや芸人、俳優についての記事のことだ。

何だかんだ日本人はテレビが好きだから
テレビネタはアクセスが集まる。

そんなテレビ出演者の記事を書くときは
まず関連キーワードから使っていくのが王道になる。

で、既に関連キーワードが埋まっている、
つまりライバルがうじゃうじゃいる場合には
次の連想キーワードを使うわけだ。

 

連想キーワードとは検索されるものを予測するもの

トレンドブログの醍醐味は
この連想キーワードが当たるかどうかだ。

当たれば相当量のアクセスが集まる。

未来予測系記事の連想キーワードは
ある程度定番が決まっている。

例えば、スポーツ選手であれば
年俸、彼女、成績、高校
などだ。

さらには、女優、俳優、社長、女子アナ
などそれぞれに定番の連想キーワードがあるので
知りたい方は記事下のリンクからノウハウを
受け取って見て欲しい。

その中に全て記載されています。
ぜひ参考にしてみてください。

ただ、
連想キーワードの醍醐味は
速報系記事で発揮されます。

1記事で1万円とか稼げるようになります。

 

速報系記事で威力を発揮する

Yahooニュースに出てくる事件を
記事にするとものすごく稼げます。

しかし、多くの人は記事に使われている
キーワードを使ってしまって稼げません。

そうではなくて
連想キーワードを使わなくてはなりません。

2017年12月に東京深川八幡宮で
姉弟の後継者争いから宮司の姉が亡くなるという
凄惨な事件がありましたよね。

あのとき私は、大きなアクセスを集めました。

そのとき亡くなった宮司の姉をメインキーワードにして

「後継ぎ 結婚 子供 家系図」

という複合キーワードを使ってタイトルを作りました。

そのとき考えたのはこういうロジックです。

  • 後継ぎ・・・宮司が亡くなったので後継者はどうなるの?
  • 結婚、子供・・・女性だから結婚して子供がいるのかな?子供が後継ぎかな?
  • 家系図・・・他に兄弟親戚がいるのか?その人が後継者か?

※このロジックを自分で組めるようになると圧倒的に稼げるようになります。

というようにこの後の展開を予測して
キーワードを連想していったんです。

この時のアドセンス収益は何と
日給1万円を超えました。

それが3日続いたんで1記事でほぼ3万円稼ぎ
当月の収益が10万円を超えたんですよね。

こうなるとニュース見つけて記事書くのが
楽しくてしょうがなくなります。

アレコレと速報記事を書く人を非難する人もいますが
それは書く技術がないからであって
そんな人のことは構わないでください。

徹底的に読者の気持ちに寄り添う

で、非常に重要なポイントですが
速報記事で稼ぐためには、

このニュースを見たとき
あなたや周りの人は何が気になるか

を徹底的に考えることです。

これはアドセンスで稼ぐためだけではなく
今後ネットを使って稼ぐ時には
必須のスキルとなるので絶対に覚えてくださいね。

あなたが例え芸能ニュースに関心がなくても
芸能ニュースに関心がある人、テレビを見てる人の
気持ちになって考えてキーワードを考えるんです。

  • 不倫があれば、離婚するんじゃないの?
    とか
  • 暴力事件があれば、引退するのか?黒幕は誰なの?
    とか
  • 熱愛報道があれば、結婚するのか?妊娠はしてるのか?

などなど、ニュースによって気になるポイントは
それぞれ違ってきます。

そこを予見した記事を書くことができれば
月収20万円以上は固くなります。

常に以下のことを心に留めておいてください。

記事に書いてないことを読者は検索する

これがアドセンスで稼ぐための全て
といっても過言ではないと思っています。

本当にアドセンスをやっていて楽しいのは
僕の場合は稼げる時です。

アクセスが集まってリアルタイムアクセスが
10000人とか超えてくると狂いそうなくらい
嬉しくなります。

アドセンス収益の日給が5000円を超えて
1万円を超えたらめちゃくちゃハッピーです。

だってそのためにやってるんですよね。

いつまでも1000円とか5000円以下の
月収で稼げたと満足しないように
私の記事を読んだ方には思って欲しいです。

何でアドセンスブログをやっているのか
いくら稼ぎたいのか、それはいつまでに?

常に考えて目的意識を持って
行動していきましょうね!

Copyright© 最速ネット資産構築のススメ , 2019 All Rights Reserved.