基礎知識編

【事例】トレンドブログの速報ネタでやってはいけないミスとは

投稿日:

こんにちは、井村です。

 

今回もトレンドブログのノウハウについてです。

 

私のトレンドブログの手法は、

人物系を狙うわけですが、

ドメインが強くなってインデックスが即可能になれば

速報ネタを狙うことを推奨しています。

 

そのための連想キーワードも特典で配っています。

 

しかし、速報ネタであっても稼げない場合があります。

これを知らずに意気込んで記事を書いたのに

リアルタイムアクセスが一桁、、、

みたいなことになる方も多いはずです。

 

なぜなら私もやっていましたからw

 

そこで、こちらではトレンドブログで

速報ネタを狙う場合の注意点について

お伝えしていきます。

 

稼げないネタ事例1:両方とも有名人

これは最もやりがちです。

たとえばこの記事。

 

おっしゃ!文春の速報だからめちゃくちゃ稼げるぜ!

って何も考えずに記事を書くと痛い目に遭いますw

 

というのも、この二人は両名共超ビッグネームだからです。

※私は芸能記事を書きますが基本的に興味ありませんが。

 

山本美月さんの検索件数が

116,000,000件、、

「一億千六百万件」です、、、

 

 

一方、瀬戸康史さんの検索件数は

7,620,000件です。

 

 

まあ、検索件数が全てではありませんが

この検索件数をみるだけで稼ぐのは無理と判断できます。

 

 

また、同じような例で、

有名芸能人と無名タレントが熱愛、不倫、結婚!

となった場合にも同じようなミスが起きがちです。

 

つまり、有名で情報量が多い有名芸能人の記事を書こうとするんです。

これは人間の習性なんでしょうね、、、

 

その場合も稼げません。

超ニッチな連想キーワードが空いていれば稼げなくもないですが、

圧倒的に検索需要があるのは、

「この無名タレントは誰?」という疑問です。

 

よって、有名+無名の組み合わせにおいては

無名の方を記事にする

のが鉄則です。

 

常に弱者の戦略で、

ライバルがいない方に思考を傾けましょう。

 

稼げないネタ事例2:既に第一報はかなり前にあった

次にヤフートップページに「NEW」がついているから

速報だ!と思って書いたけどアクセスが来ないパターンです。

 

根本的に理解しておかなければならないのが

ヤフーはポータルサイトなので二次情報となります。

 

そもそもタイムラグがあるわけですが、

それ以外にも記事内容が更新されたりすると

タイマーがリセットされて「NEW」がつき続ける場合があります。

 

たとえばこんな感じです。

朝の8時27分のYahoo!ニュースのNEWに

秋山選手の骨折離脱の可能性のタイトルがあります。

 

しかし、リンクを開くとアップされた時間が6時59分と1時間半以上前になっています。

さらに言えば、朝刊の記事の場合は、

朝5時台には一報が入っているはずなので

3時間以上前の記事の可能性もあるのです。

 

なので、NEWがついているからといって

安易に記事を書くのではなく、

一度元記事を確認して更新された時間を確認しましょう。

 

 

また、速報の時間差問題は他にもあります。

 

たとえば、

有名芸能人と無名タレントが結婚すると報道があった場合

既に数ヶ月または数年前に交際の報道がないか調べましょう。

 

既に報道があった場合は、

ライバルが主要なキーワードを占拠しているので

戦っても勝ち目がない可能性があります。

 

もちろん、ライバルチェックして

稼げる連想キーワードあれば

ガンガン記事を書いていきましょう!

 

そうでない場合は、速攻でスルーしてくださいね!

 

まとめ:常に振り返り!

ということで、ぜひ速報では稼いで欲しいのですが

基本的なこれらのポイントは押さえておいてください。

ポイント

  • 両方とも有名人
  • 実は速報ではなかった

 

それ以外にもあなたが速報書いたけどアクセスが来ない場合は

その経験を無駄にはせずに、何がいけなかったのかを

きちんと振り返っておきましょうね!

 

ビジネスは常にPDCAですから、

DO(実行)後の

CHECK(レビュー)とACTION(改善)は非常に重要です!

 

では頑張っていきましょう!

 

記事が役立ったよ!という方はぜひ応援お願いします!
↓↓↓↓↓


人気ブログランキング

Copyright© 最速ネット資産構築のススメ , 2019 All Rights Reserved.