基礎知識編

【重要】ワードプレス5.0のエディターを元に戻す方法

投稿日:2018年12月9日 更新日:

こんにちは、井村です。

 

最近Wordpressのメジャーアップデートが行われました。

ヴァージョン4.98→5.0へアップデートされています。

 

私も何気なくバージョンを上げちゃう派なんですが、今回のアップデートにより、エディターがえらいことになってしまいました笑

見たことない画面になってしまい、それなりに使い方はわかりそうだったんですが、生産性が猛烈に落ちることが見えたので、エディターを元に戻す処理を行いました。

この方法を知らないと「記事を書く」という労力だけでなく、「エディターとの戦い」も制しなくてはならず大変です。

ぜひこの記事で紹介する方法をあなたのワードプレスに適用して、いつも通りブログ運用を続けていってくださいね。

 

WordPress5.0に搭載されたGutenbergエディター

まず、普通にWordpressのバージョンを5.0にした場合の現象を見てみましょう。

 

こんなメッセージが出ていると気になります!

ちなみに、変更前のエディター画面はこちらです。

「今すぐ更新」のオファーに弱いですw

 

このボタンを押した結果がこちらです↓

 

  

全く、様相が変わってしまいました・・・汗

 

これが海外で主流になりつつあるGutenberg(グーテンベルク)というエディターです。

どうやら記事をブロックごとに追加していくのが、主な昨日になるようで、今までのエディターを違いすぎで唖然とした方も多かったのではないでしょうか?

もちろん、このエディターに慣れていくことも必要ですが、「今そんな時間はない!」という方は、ぜひこれから紹介する方法で、エディターを元に戻してください。

WordPress5.0のエディターを元に戻すClassic Editorプラグイン

早速、エディターを今までのように戻す方法を紹介します。

実はWordpress5.0にした直後の画面にも出ているんですよね。

「旧エディターを使い続ける方法はこちら。」って書いてあります。

しかし、僕もそうですが、この画面を読んだことはありませんよね。今、記事を書いているから「あ、書いてあったと気づいた」だけです。。。

で、この「旧エディターを使い続ける方法はこちら」のリンクをクリックすると下の画面になります。

 

この「Classic Editorをインストール」ボタンを押すと、プラグインページに移動して、Classic Editorのみが表示された状態になりますので、「今すぐインストール→有効化」すればOKです。

 

WordPress5.0導入直後画面が消えてしまった方は、プラグインの新規追加で「Classic Editor」と入力するとプラグインが出てきます。

左側の「Classic Editor」を選んでください。

 

インストールしたら、「有効化」も忘れないようにしてくださいね!

 

まとめ

ということで、鳩が豆鉄砲を食ったようになったWordpress5.0へのメジャーアップデートでしたが、元どおり復旧した方が当面は良さそうです。

Classic Editorは2021年まではサポートされるということなので、あと2年は乗り越えられそうですし、この2年間でGutenbergが正式エディターのまま採用されるのか、元のClassic Editorに戻る可能性もゼロではありません。

このGutenbergは、海外の評価もそれほど高くないような記事もありましたし、「まだ時期尚早だ!」という意見も多かったようです。

 

また、これを機に、ワードプレス本体だけでなく、プラグインも闇雲にアップデートしないように気をつける考え方を身につけた方が良さそうです。

というのも、私もあるプラグインのバーションをアップしたら、バグって元のバージョンに戻した経験がありました。本当に慌てますので、ブログ運営者として、プログラムの更新には少し過敏になって、ネット上で評価などをリサーチして問題なさそうだったら、更新するようにしていきましょう!

 

記事が役立ったよ!という方はぜひ応援お願いします!
↓↓↓↓↓


人気ブログランキング

Copyright© 最速ネット資産構築のススメ , 2019 All Rights Reserved.