マインドセット

自己肯定感を上げてビジネスをうまく行かせる具体的な2つの方法

2020年5月27日

おはようございます、井村です!

今日は雨の札幌です。

家からコメダまで傘自転車で来たんですが
これも道路交通法違反なんでしょうか?

って調べてみたら違反だった。

帰りは濡れて帰ります。。。

というのも、
先日のメルマガでiPodsつけて
自転車乗るのは違反だとご指摘をいただきました。

本当にご指摘はありがたかったのですが
同時に、日本ってせせこましくなったなぁとも。

20年ぶりに自転車生活したら
違う世界に来てしまったような感覚です。

確かにヘッドホンはスラムダンクの
流川楓よろしく、ロードバイクで
ヘッドホンするのがかっこいいイメージがあり
多くの人は影響を受けたんかなぁと思います。

さらに最近はノイズキャンセリングという
外音遮断機能が付いているものが多いから
なおさら危ないというのはわかります。

でも、それは自転車乗る側で判断して
ノイズキャンセルを”オフ”にするか
外音がよく聞こえるヘッドホンにするとか
選択する問題だと思ってました。

自転車側を縛るんだったら
車のオーディオ機器も道交法違反にすればいいと
普通に思いますけどね。

だって、車の方が何百倍も危ないのに
ラジオに気を取られて事故る人だっているでしょ。

って思いますけどね。
へそ曲がっているんでw

というか、事業をやる人って
普通の人と同じことは多分考えないです。

違うことを考えてる。
だから雇用されるのではなく事業をやるわけで。

もちろん、合法の範囲内ですよ。

さて、本題です。

 

自己肯定感が低いとヤバイ

今回もマインドセットの話です。

なぜなら、ノウハウあるのに
やらない人がほとんどだからです。

いろんな状況はあると思うんですが
今回は”自己肯定感が低い人”向けの話です。

・私なんかにできるはずがない
・私はドジっ子です、、、
・私のやることなすこと全て裏目になります
・私なんかに、、、

という方は考え方を変えないと

・いつまでも行動できない
・褒め言葉を喜べない→相手を困らせる
・子供や周囲に悪影響をもたらす

という自分だけじゃない影響があるので
ぜひ変えて行って欲しいわけです。

私は昔から母親に
「お前なんかにできるはずない」
と何百回も言われてきました。

「だから勉強だけしとけ」
という感じです。

今考えれば、勉強に集中させるために
部活も友人関係も最小限にさせて
夢を見させずに勉強させるという
母なりに考えた論法だったんでしょう。

そのおかげでそれなりに進学できましたし
それなりの企業にも就職できたし
英語もそれなりにできた時期もありましたし
何より集中力は持続しやすくはあります。

でも、自己肯定感はめちゃくちゃ低かったです。
自分なんて大したことないと思い続けていました。

「謙遜は美徳」ってありますよね。

「いえいえ、私なんか大したことありません。」
って挨拶する時に言いますよね。

あれ、本心で言っちゃいけないんです。

本心では
「俺は大した人間だけど、
社交辞令で大した人間じゃないと言います」
ということです。

そうじゃないと今までの
自信が崩れる可能性がありますからね。

言葉って恐ろしいので
自ら自分を下げる言葉を使わないことです。

今回紹介する自己肯定感を上げる方法は
2つです。

・放置
・リフレーミング

それぞれ説明していきます。

 

自己肯定感を上げるコツ1「放置」

自己肯定感を上げるには、
肯定感を下げる2つの敵に
対処する必要があります。

・過去
・比較

この2つです。

・過去にこんな大失敗をした。
・あんなこと言っちゃった。
・受験に失敗した。
・試合でエラーした。
・彼女にフラれた。

たくさんの大失敗エピソードがあるものです。

しかし、それらに縛られて
私はこんなこともできないダメな人間
と思ってしまうものです。

これをせずに、「放置」すること。
「放置した」と思うだけでもOKです。

「認識」して「放置」すると意識すると
それだけで心の重りが外れるそうです。

また、やっちゃうのは「比較」です。

・あいつはすぐに結果を出した
・あいつに月収100万円先越された
・あいつに年収1000万円先越された
・あいつに比べて頭が悪い
・あいつに比べてカッコ悪い

いろいろあると思います。

しかも負けていることばかりが
気になり出すものです。

これも「放置」します。

「放置した!」と認識するだけでOKです。

 

自己肯定感を上げるコツ2「リフレーミング」

そして、次にやって欲しいのは
「リフレーミング」です。

日本語で言うと「置き換え」です。

「否定語→肯定語」

への置き換えです。

・どうしたらいい!→なんとかなる!
・疲れた・・・→よく頑張った!
・運が悪い・・・→運がいい!
・許せない!→許します!
・重大だ・・・→大したことじゃない!
・もうダメだ・・・→なんとかなる!

言葉を変えることによって
マイナスに落ちる気持ちを
プラスに転換することができます。

私も二度大きな失敗をしましたが
その度に

・大したことじゃない!
・なんとかなる!

と思って行動し続けていきました。

あと地味に、

・運がいい!

も多用しています。

俺って運がいいと思ってます。
それが勘違いでもOKです。

行動につながるプラスワードを
常に使ってビジネスを進めていきましょう。

もちろん、ビジネスだけでなく
人生においても同じように
プラスワードに置き換えて
素晴らしくすることもできるでしょう。

 

まとめ:ネタバレ

最後までお読みいただきありがとうございました。

今回ご紹介した自己肯定感を上げる方法は
中田敦彦さんのYouTube大学を参考にしました。

参考にしたと言うか、視聴した時に
お、これはかなり重要だ!と思えましたし
自分もやってきたことがあったので
読者の方にも知っておいて欲しかったのです。

今日の話も含めて自己肯定感を高める
全体像を学びたい方はこちらの動画も
合わせてご覧くださいね。

1冊本を自分で読まなくても
約1時間で学ぶことができるんで
いつも試聴しています。

ビジネスに役立つこともたくさんありますからね。

では本日も頑張っていきましょう!

井村尚弥メルマガ

ブログで得られない気づきをあなたに

メルマガに登録する

下記にメールアドレスをご登録いただくと私のメルマガに登録されます。私のメルマガではブログでは言えないビジネスの考え方や日々の気づきについて共有いたします。発行は不定期ですが参考になれば幸いです。また好きな時に配信解除できますし、スパムのようなメールもお送りしませんのでご安心ください。 それではメルマガであなたにお会いできることを楽しみにしています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

井村尚弥

ネットを使って稼ぐのが大好きな副業フリーランサーです。現在はブログ、コンテンツビジネス、アフィリエイト、メルマガなどマーケッターとして活動しています。 個人が自分の経験、特技を活かしてネットで稼ぐ方法をシンプルにして実行しやすく教えています。 コンテンツビジネスの始め方>>

-マインドセット

© 2021 ユープレナー式起業術ブログ